logo

お知らせ【新型コロナウィルス対応策に伴う営業について】
お知らせ【新型コロナウィルス対応策に伴う営業について】

秘境のレストランを訪ねてーフランス/ ラングドック・ルーション地方 (オーベルジュ・デュ・ヴユー・ピュイ / Auberge du Vieux Puits)

2020年6月12日

10年近く前のことになるが、南西フランスを巡る旅で、ピレネー山脈の麓(近くの名の知れた町と言えば「ナルボンヌ」だが、さらに、そこから約30㎞離れた)決して交通の便が良いとは言えない「フォンジュンクースト村」にある、2010年、初めて3ツ星をとったレストラン「オーベルジュ・デュ・ヴユー・ピュイ / Auberge du Vieux Puits」を訪ねた。

 

オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ 町の風景 オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ 正面入り口

 

シェフ“ジル・グーション”のスタートは、なんとフランス国鉄食堂の見習い。そして、とうとう3ツ星レストランのシェフに這い上がった。

最近では頻繁に耳にする地産地消の草分け的存在、この地ならではの食材を取り入れた優しい料理を出すのが特徴。

レストランの名前の由来は、入ってすぐ左手にある井戸。この井戸がガラス張りになって、底がみえるようになっている。

レストラン名「Auberge du Vieux Puits」は“古い井戸の旅籠”という意味なのだ。

 

オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ ガーデンのオブジェ

 

なぜか3ツ星レストランは、遠く、辺鄙なところに多く、到着するまでに長い道のりになることが多い。

だから秘境のレストランになるわけであるが、ここもその一つ。

しかし、一度訪ねると、また再来を約束してしまうのは、どうしてだろうか?

初めての訪問から、すでに10年が過ぎようとしているが、この間3ツ星を維持しているのは、まさに偉業と言えよう。

たどり着くまでにどんなに時間がかかっても、期待がどんどん膨らんでも、それに応えてくれるだけのものを、必ず提供してくれる。

どうしても、そして何度でも足を運びたくなる料理がそこにあるからだ。

COVID-19 と共存して生活してなければいけないこれから、食スタイルも変わってくるかもしれない。

星の数に拘るのではなく、求める価値があればこそ、人はそこに足を運ぶことになる。

 

オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ レストラン3 オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ レストラン2 オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ レストラン(メニュー)  オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ アミューズ オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ かぼちゃのスープオーベルジュ デュ ヴユー ピュイ エビ オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ メイン 魚

 

尚、このレストランは名前の通り、オーベルジュだから宿泊も可能だ。

8部屋と非常に限られた部屋数なので、特にディナーの場合はレストランの予約と同時に部屋も予約した方がよい。

 

オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ オーベルジュの外観 オーベルジュ デュ ヴユー ピュイ オーベルジュのガーデンから

 

但し、ここの部屋の予約がとれなくても300メートルほど離れた所に系列ホテルで

“LA MAISON DES CHEFS”(6部屋のみ)もある。

今回は、ランチの訪問であったが、次回は、時間をとってディナーもとってみたい。

 

– トラベル・デザイナー 沼能 功