お知らせ【新型コロナウィルス対応策に伴う営業について】
お知らせ【新型コロナウィルス対応策に伴う営業について】

豪華列車でロンドンから1日観光 ー ブリティッシュ プルマン / British Pullman

2020年5月29日

ロンドン滞在で一日時間がとれたので、

あの有名な「オリエント急行」の姉妹列車「ブリティシュ・プルマン」に乗って、アランデル城の一日観光へ出かけることにした。

 

朝8時30分の出発で少し早めにホテルを出て、ヴィクトリア駅へ向かう。

専用のチェックインカウンターが設けてあり、名前と列車のヴァウチャーでチェックインが出来る。

日曜日運行の為か、友人同士や家族づれの利用客はドレスコードを守った紳士淑女が多く、参加の人々と一緒に出発をまっていると、なんだかワクワクしてきた。

 

① ブリティッシュ プルマン 早朝のプラットホーム ② ブリティッシュ プルマン 人も集まりかけたPH ③ ブリティッシュ プルマン 乗車前PH

 

乗車のアナウンスとともにそれぞれの車両へ。正装したスタッフが乗車口で待ち構えてくれる。

乗車してまず感じたのは、歴史の重さ。

1920年代に運行されていたビンテージ列車内は、当時のラグジュアリーな調度品に溢れていた。

昔のまま、しかし入念に手入れが届いているので、重厚でありなから煌びやかさを残している。

まずは、“ベリーニ”がサーブされる。

ベリーニは、イタリア・ヴネチアの“ハリース・バー”発祥のカクテル。

オリエント急行の起点であるヴェネチアに、ちなんでのウェルカム・カクテルかと私が勝手に思っただけかもしれないが、

もしそうだとしたら、なんとも粋な計らいではないだろうか。

続いて朝食がサーブされる。イギリスの田舎の風景を眺めながら、ブレックファストを楽しむ。

なんと優雅な朝なのだろうか。

 

④ ブリティッシュ プルマン 乗車前 ⑥ ブリティッシュ プルマン 車内2 ⑤ ブリティッシュ プルマン 車内1

 

ロンドンから南下すること約1時間、列車は目的地に到着。

下車後、バスで向かったのは、フィシュボーンローマ古代遺跡。モザイクの床が素晴らしい。

 

⑨ ブリティッシュ プルマン 博物館ガーデン ⑦ ブリティッシュ プルマン 考古学博物館 ⑧ブリティッシュ プルマン 考古学博物館2

 

その後、さらにバスで移動した先にアルンデル城。

あまり知られていない城からかもしれないが、英国ならでは雰囲気を醸し出している。

時間制限なく、ゆっくり見てまわれた。

アルンデル城は、11世紀末に建てられた城で、1000年近くノーフォーク公とその先祖の邸宅で、現在も伯爵が住んでいる。

 

⑯ ブリティッシュ プルマン ガーデンから城 ⑫ ブリティッシュ プルマン CASTEL ガーデンから城 ⑩ ブリティッシュ プルマン ARUNDEL CASTEL(外)

 

いろいろな時代の邸宅が残っていて時代の重みを感ずる。手入れの行き届いたガーデンは、心のオアシス。

なにもしない時間、それが貴重かもしれない。まわりの街並みは、小さなイギリスの田舎町で、とても和む風景だ。

 

⑪ ブリティッシュ プルマン CASTEL ガーデン ⑬ ブリティッシュ プルマン ガーデン 

⑭ ブリティッシュ プルマン ガーデン(花)1 ⑮ ブリティッシュ プルマン ガーデン(花)2 ⑯ ブリティッシュ プルマン 城街並み

 

そろそろ帰りの時間だ。

暮れゆくイギリスの風景を眺めながら、デイナーをとり、ロンドンに戻ったのは、21時30分頃だった。

イギリスの田舎をノスタルジックな豪華列車の旅。たった1日でも心が癒され、素晴らしい時間をすごすことはできた。

 

⑰ ブリティッシュ プルマン 車内(DNR) ⑲ ブリティッシュ プルマン DNR2

⑳ ブリティッシュ プルマン DNR3 ㉑ ブリティッシュ プルマン DNR4