リージェンシーグループ株式会社 : Regency Group Inc.

「上質の旅」…リージェンシー・グループのトラベルアレンジャーへ

TRAVEL REPORTトラベルレポート

レンタカーでめぐる初夏アンダルシア

旅行期間:6月10日(金)~6月21日(火)10日間

本日、まるでアンダルシアの空がそのままついてきたような、今日の東京。 あちらでは、最終日以外は、毎日毎日、ピーカンの雲ひとつない青い空。 まず、ご報告ですが、 コルドバのホテルの駐車場が、超狭いところで、そこの地下1Fから地下2Fの駐車場へ移ろうとした際に、らせん状の坂道で右の車体をこすって傷つけてしまいました。しかしながらフルの保険に入っていたために、返却の際、どこで事故ったのかと問われ、「ホテルの駐車場」の一言でオシマイ。ほっと胸をなでおろしたものです。
にしても、コルドバといい、グラナダといい、ホテルにたどり着くまでがほとんどロールプレイングゲーム状態。コルドバでは、ナビを見ても、iPhoneの地図を見てもこの道しかないのに...と思っていたら、アリババのように来た車の主が何やら話すと道の真ん中にあった車止めの鉄柱がするすると下がっていくではありませんか。で、次に来た車の後に続いていって、ようやくホテルの街の中に入る事ができました。 グラナダでは、時間差で一方通行が変わる道を知らずに、たまたま赤に変わったタイミングで交差点に入ってしまい、え~いいいや、と進んだ坂道の上から、続々と車がこっちに向かってきて、その道は完ぺきに車1台分の幅しかなく、仕方なく、慣れぬ左ハンドルのバックで交差点まで戻る羽目に。 その後も、パラドール方面に入る道を発見するまでに同じ道を何度も行ったり来たり。ロールプレイングゲームなら、さしづめボクなど経験値を高めまくって、しっかり勇者に成長したはずです。
トレドやコルドバのパラドールでも昼食をとりましたが、泊まらずとも昼食を食べる、あるいはカフェだけでも、それぞれのパラドールは行ってみる価値があるところでした。特にコルドバのパラドールの「ラボ・デ・トロ(オックステールシチュー)」は絶品! 中丸明氏の「スペイン5つの旅」に書いてあったのですが、中丸氏の本がとても参考になりました。さらには、後半がマルベーリャで正解で、素晴らしい部屋でのんびりすることができました。 ミハスにも行ったのですが、こちらは日本人の団体さんがいっぱいで、ハワイ、ほどではありませんがあっちもこっちも日本人状態。これにはびっくりでした。 などなど、お蔭さまで充実、盛り沢山のアンダルシア、コスタ・デル・ソルの旅。
話したいことは山ほど。 本当に、いい旅をありがとうございました。