リージェンシーグループ株式会社 : Regency Group Inc.

「上質の旅」…リージェンシー・グループのトラベルアレンジャーへ

CONCEPT

日本の旅行業において、海外への観光旅行がオープンになったのは、1964年(昭和39年)からですから、この業界の歴史は非常に浅いと言えましょう。
しかし瞬く間に交通網や国際交流の発展により、現在では、いつでも誰でも海外旅行が楽しめる時代になりました。
とは言え、海外旅行の主流は、まだまだ団体パッケージ旅行ですから、新聞広告や店頭のパンフレットなどで多くのツアー募集がされています。しかし、その旅行パッケージの作り方は、昭和50年代の最盛期以来全く変わっていないということを皆様はご存じでしょうか?
インターネットなどの急進的な普及により、現地の情報もたやすく入手が可能になり、航空会社が航空券をインターネットで販売し、ホテル予約もインターネットでもできる時代ですから、簡単な渡航や旅行は自分でも予約ができるようになったにもかかわらず、この業界内の思考や方針は牛歩のような動きなのです。

しかし世界的見地からすると、『旅行』は、『ライフ・スタイル』の一つとなり、洋服、バック、靴、時計などを自分好みのスタイルでコーディネートするのと同じように、『旅行』も自分スタイル、自分のブランドを求めるように、進化しているのです。
ファッションにもコーディネーターがいて、専門家、その道のプロと相談しながらセットアップしていくように、『旅行』も専門知識や経験が豊かなコーディネーターと共に一人一人が作り上げていく時代になっているのです。

インターネットでは、単純な予約作業は簡単です。里帰りや取引先への交通機関の手配などはすぐ出来ます。しかし旅行は違います。非日常性を求め、大切なお金を使って、素敵な時を生み出す必要があるのです。いざ旅行プランの最終段階にはいると、ランチやディナーはどこで食べられるのか?どこが美味しいのか?本当にこの行程で、効率良く、しかも無駄のないプランになっているのか?インターネットを通してのアレンジだけでいいのだろうか?等々、いろいろな疑問点や問題点が湧き上がってくるというのが現実のようです。

このような時代だからこそ、私共は正確、かつ最新の情報をもとに、皆様トラベラーのご希望に叶ったプランを作り、細部にわたる予約手配の後には、旅行先で快適に楽しく過ごして頂くことが第一と考えております。
最新の情報収集を心がけ、トレベル・アレンジャーとして現地を熟知し、体験を深め、常に皆様に最良のご旅行をご提案させていただきます。
あなただけのプランで心に残る『上質の旅』を!

リージェンシー・グループ株式会社
会長 沼能 功